お薬の話2

ここでは、「お薬の話2」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080526012220
先日、患者さんに薬のこと聞かれて何も答えられなかったダメダメ薬剤師のふっきぃです…。自分の知識の無さを痛感させられました。後に先輩に怒られたことは言うまでもありません…(-.-;)

お薬の話の第二回目。
今回は「調剤印」の話です。

写真に示したのは僕が勤めてる病院の薬剤師が全員持ってる調剤印です。
これが無いと仕事になりません。

写真には「済1」という文字が書いてありますが、本来ならそこに調剤者の名前がフルネームで入ります。
流石に僕の調剤印を載せるわけにはいかないので(名前ばれちゃうし(笑))、今回は僕が自分の調剤印を持つまでに使っていたやつを載せました。

さて、この調剤印、薬が入っている袋に必ず押してあるのですが、皆さんご存知でしょうか?
この調剤印は僕らにとってとても重たいものですし、患者さん側にとっても重要なものなのです。

皆さんが病院や診療所にかかって薬をもらう時には必ず「処方せん」というものがあるわけですが、ご存知でしょうか?
病院内や診療所内で薬をもらう方は知らないかもしれませんが、院外の薬局で薬をもらう方はご存知だと思います。薬局の受付に出す紙です。

「処方せん」についてもおもしろいことがいっぱい書いてあるのでそのうち詳しくやろうと思っていますが、とりあえず僕ら薬剤師はその「処方せん」に基づいて調剤していきます。
が、僕らは単に処方せん通りに薬を揃えているわけではありません。
必ず処方チェックをしています。
「処方内容に不思議な点はないか」、「飲み合わせは大丈夫か」等を考えながら薬を揃えていきます。
それが薬剤師本来の仕事です。

結構勘違いしてる人多いのですが、薬剤師の仕事は単に処方せんに書かれている薬を揃えることではありません。そんなの小学生でもできるんです。
薬剤師の仕事は、患者さんが安全で適切な薬物治療を受けられるようにすることです。
なので、処方せんを穴があくまでガン見します(笑)そして処方内容に疑問があれば、必ず医師に問い合わせをして確認します。
問い合わせの内容としては、例えば「用量が多すぎるのではないか」とか、「飲む時間帯がおかしいんじゃないか」とか「この薬とこの薬を一緒に飲んではいけない!」とかです。

このような疑問点や問題点を解決した後でないと僕ら薬剤師は患者さんにお薬を渡すことができません。解決しないうちに患者さんに薬を渡すと法律違反となり罰せられます。

「法律違反!?」

はい、「薬剤師法」という法律がありまして、その第二十四条に、「薬剤師は処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」という文があります。

じゃあ処方内容に問題点があったにも関わらず、それに気付かずに調剤し、患者さんに健康被害がでた場合どうなるか?

これは薬剤師の過失として罰せられ、場合によっては免許取り消しになります。

なので薬剤師も本気です。でも、「法律にあるから…」というのは薬剤師としてというか、人間的に問題です。だって患者さんは薬剤師を信頼して薬を使用するわけですからね。医療は患者さんと医療人との信頼関係の下に行われるべきものですから、僕らもそれに応えるべく、真剣に調剤してますよ。シップ一枚にしろ、目薬一本にしろ…。

「目薬なんて…」って思う方もいるかもしれませんが、患者さんによっては目薬も危険な場合はあります。これも後々やりますね。

ということで、これらのことを踏まえると、薬の袋に押してある調剤印の重みというのが分かっていただけるのでは無いでしょうか。

この調剤印のもつ意味は、

「あなたのお薬は私が責任をもって調剤しました。なので、もしあなたがこの調剤された薬によって健康被害が生じ、その原因が処方内容にあるならば、その責任はこれらの薬を処方した医師だけでなく、それを調剤した私にもあります」

ということになります。

お分かり頂けたでしょうか?

皆さん信頼できる医師と薬剤師を見つけて下さい。そして薬について少しでも不安な点があれば調剤印にある薬剤師に納得いくまでトコトン聞いてくださいね。
コメント
この記事へのコメント
そこまで責任の重さを痛感し
コンプライアンス遵守してる人はどのくらいいるのか?

ふっきぃ君は慣れに流されない人だよね(^_^)v

薬の知識じゃなくてボキャブラリーの問題?
専門用語の世界なだけにわかりやすくを考えよう♪
2008/05/26(月) 23:30 | URL | ぽてちー #9fn0MV6o[ 編集]
専門用語に流されるのは、自分が理解しきれていないということなんですよね…。あと、「これくらいは知っているだろう」という思い込みも危ないですよね。

「わかりやすく」って難しいです…。

薬の面でのコンプライアンスの向上は、一生の課題ですね。

コンプライアンスも専門用語ですね…。
2008/05/27(火) 07:15 | URL | ふっきぃ #.pr0c0F6[ 編集]
薬剤師さんのお仕事って調剤だけじゃないって言われてみればそうなんだって思いました。
ふっきぃさんもお勉強を怠らず、息抜きを上手にしながら信頼される薬剤師さんになってくださいね。
2008/05/30(金) 20:19 | URL | ははだよ #-[ 編集]
>ははだよさん

薬剤師はどちらかと言うと縁の下の力持ち的な存在なので、「薬剤師って何してるの?」
って良く聞かれます。

薬剤師は本当はいろいろなことしているんですけどね~。
信頼される薬剤師には何年後になれるのでしょうかね(笑)

2008/05/31(土) 12:34 | URL | ふっきぃ #fGJ6H0sI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://disneydehitoyasumi.blog82.fc2.com/tb.php/308-125496c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。