映画 ボルト

ここでは、「映画 ボルト」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Image056.jpg  Image055.jpg
さて、最近くだらないビールの更新ばかりしてますが、お盆までにあと3回ビアガーデンに行く予定です(笑)

あ、何度も言いますが、仕事もちゃんとしてますから。


さて、今日は昨日公開になったディズニー映画「BOLT」を見に行ってきまし
たので、軽く報告します。ホームページはこちらです。


まず、一言で言うと、



「ぜひ観に行ってください!」



って感じです


僕はオススメします。


久しぶりに感動しました。


動物って、人間と違ってやっぱり素直で正直なんですね


<あらすじ> 

ボルトは飼い主の少女ペニーを守るために改造されたスーパードッグ。車より早く、ヘリを飛び越え、破壊力抜群の吠え声で悪の軍団と戦っています・・・。でもそれはTVドラマの中のお話。ハリウッド撮影スタジオの中で育てられたボルトは、ドラマの世界を<現実>だと信じ込んでいたのです。

 ある日、ドラマの中でペニーがさらわれ、慌てたボルトは彼女を探してスタジオの外へ!しかし、そこで彼はドラマの世界と現実が違うことに気づきます。何よりもショックだったのは、大切なペニーはスター子役でドラマの役を演じていたと知ったことです。
ペニーの優しい笑顔も、一緒に過ごしてきた素晴らしい年月も、すべて演技だったのでしょうか?ペニーの心を確かめたい-でも、真実を知るのは怖いのです。ペニーの愛を失えば、ボルトにはもう何も残らないのですから・・・。

 そんなボルトを支えてくれたのは、ちょっとおかしな旅の仲間達。人間に心を閉ざした捨てネコのミトンズとボルトの大ファンのハムスターのライノです。ボルトは彼らに励まされながらペニーの元へ帰ることを決意。果たしてペニーはボルトを待っていてくれるのでしょうか?それとも・・・?

ボルト作品紹介より引用



自分も犬を飼っているせいもあり、本当に楽しく観ることができました。
最後のほうはもう涙涙。隣に座っていた人は号泣してましたね(笑)

いろいろ、感想は述べたいのですが、ストーリーを全部喋っちゃいそうなので、これくらいにしておきます。

でも、ひとつだけ、僕的にはボルトと鳩のやり取りがかなりツボでした

皆さんもゼヒ観にいってみてください。僕が観たのは日本語吹き替え版ですが、3D(一部の劇場)も字幕もやってますので、お好みなバージョンで楽しんでください。


おまけ
ティンカーベル2も12月公開です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://disneydehitoyasumi.blog82.fc2.com/tb.php/680-1b24c98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。